FC2ブログ

blog再開しました!

20070114212657.gif



今年の初め、町田の某居酒屋にて。
当社社長こと、し~の師匠と2人新年会を開催中、
師匠はぽつりと言われました。

「おもちゃメーカーの【てっぺん】ってなんじゃろネ」


この問いかけにわたくし、ジョーは考えてしまいました。

んん~~。てっぺん。
なんなんでしょぅ???


スポーツならば、オリンピックで金メダル! ワールドカップ制覇! 横綱全勝優勝!
わかりやすい「てっぺん」がありましょう。

スポーツ以外のてっぺんに目を向けてみれば↓↓↓

文学だったらノーベル賞でしょうか。
数学界の最高峰にはフィールズ賞というものがあるそうです。
政治家のてっぺんは内閣総理大臣で、
司会者のてっぺんは、みのもんた。

紅白歌合戦出場者界のてっぺんが大トリ、サブちゃんの「祭り」大合唱ならば、
『オーバーオールが似合うグルメリポーター界』のてっぺんは石ちゃんことホンジャマカの石塚英彦さんがテッパンでしょう。まいう~。


と、ここでおもちゃ界に目を戻してみますが、するとどうもてっぺん、分かりません。
おもちゃの売れた個数でてっぺんが決まるのか。
会社の規模でてっぺんが決まるのか。
どうも断じてそうとは言い切れない気がするのです。

ハンバーガー屋さん =マクドナルド
炭酸飲料 =コカコーラ
コンビニエンスストア =セブンイレブン

おもちゃメーカー =???


『シェア』とか『規模』とか数字では計りきれないのがおもちゃなのかな、
そんなふうに思ったりしちゃいました。
おもちゃを手にした「ワクワク」や「ドキドキ」も
決して数字には表せないものですものね。
だからおもちゃ界に「てっぺん」なんてものは元から無いのかもしれません。

と、わたくしジョーは結局今、そう思ったりしているのですが
果たして師匠はどう思われているのでしょうか?
黙して語らぬその真相は未だナゾのまま。


っと。ここで本日のブログを終了させようとしていましたが、
最近話題のyoutube(ユーチューブ)でこんな動画を見つけちゃいました。


nintendo64.jpg

ココをクリックすると動画が見られます


ここまでよろこぶ子どもの姿!
こんなによろこぶ子どもの姿!

こんな姿が見れたなら、それはおもちゃメーカーとしての
「てっぺんのしあわせ」ですよねё

手にした子どもに喜んでもらえるこんなおもちゃ、作りつづけていきたいっ!
今発売してます大人向け戦国ボードゲーム二四棋であれば、
手にしたオトナのこんな姿も見てみたいっ!(笑)


そんなことを思いながら、本日はノートパソコンを閉じることにいたします。

ではではё



スポンサーサイト



2007.01.14 / Top↑
TrackBackURL
→http://cnotoy.blog.fc2.com/tb.php/25-f145c139